ゼロから海外での生活を試してみてます。

    トップページ >  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱出事例その1

2010 - 03/24 [Wed] - 23:54

今日は脱出事例を紹介しようと思います。僕の大学時代からの親友の事例です。
彼は学生時代、最も一緒に時間を過ごした仲間の一人です。
彼は大学を卒業後、貿易会社に就職しました。が、元々タイに行きたかったらしく、
3~4年その会社でキャリアを積まなければタイに行けないことが発覚し、1年で退職。
その後、着の身着のままでバンコクで暮らし始めました。

タイでは前述したAUAという語学学校に入学し、当時は留学ビザが簡単に取得できた
ため、1年間タイで生活する権利を得ることが出来たようです。
AUAでタイ語を勉強しながら、適当にバイトをして生活してました。
(求人例などこれまで掲載してきましたが、アルバイトももちろん沢山あります)

留学ビザが切れるので就職することにして、就活をはじめ、某アパレル会社に内定。
その後現在に至るまで、数年間そこで働いています。
当初は現地採用ということで給与は年収400万円程度だったようですが、
ただ、住居などは提供してもらえるので(まー、高いわけでもないですが)、
必要な生活費は食費くらいのもの。タイでの食費なんてごっつ安いですから、
おカネが際限なく貯まって行きます。

しばらく後、彼は本採用となり、駐在扱いとされ、年収は1000万円程度に。
そんなおカネあっても、タイでの使い道は投資くらいしかなく、株や不動産を取得。
もちろん、タイは将来有望です。人口は増え、所得は増え、消費は増えます。
人口が増える場所の不動産は基本的に上がりますし、経済が大きくなる市場の株価は
基本的に上がり続けます。日本にいて、短期間でここまで所得を拡大出来ますか?
事業をやってれば可能ですが、会社員では少数でしょう。

「俺洗濯とか掃除とか、学生の時はよくやってたと思うわー」と、彼はよく言います。
タイでは、掃除や洗濯はハウスキーパーがやります。ソレが普通です。
土日ゴルフしたり友達と遊びに行ったりしても、掃除や洗濯は終わってます。
考えてみてください、土日に掃除や洗濯をやってませんか?解放されるのです。
ストレスのない生活、経済的にゆとりのある生活、時間にも余裕のある生活なのです。

のんびり暮らしてるからと言って、将来マズいことになるかというと、そうでもない。
彼は英語とタイ語を巧みに話します。当たり前です。何年も住んでますから。
東南アジア一帯の華僑との付き合いもあります。今の仕事で築いたものです。
伸び続ける株式や不動産もあります。去年自分で事業も始めました。
紹介してもらった彼の友達も、似たような環境です。
ワープアや就職氷河期?フリーター?ニート?そんなものはここにはありません。

郵便局員を何万人も正社員にして、その給料を納税者や預金者に払わせる日本に、
どんな明るい未来があるというのでしょうか?
これからあなたに襲いかかるのは、就職難だけじゃない。
増税、年金と保険負担の増額、公共サービスの質の低下、国際競争による賃金低下、
様々な恐ろしい現実が、これから確実にあなたの目の前に訪れます。

コレは断言します。

今は危機感を持ってなくても、まー大丈夫だろと余裕ぶっこいてても、
必ず日本は惨憺たるカオスに包まれます。
というわけで、一日も早く、脱出しましょう。

バンコクでのネットワーキング方法

2010 - 03/23 [Tue] - 22:52

先日ジェトロのセミナーについて言及しましたが、今日はネットワーキングについて。
ジェトロセミナーで出会った方々の中に、渡邊さんという事業家の方がおられました。
事業内容等は伏せさせてもらいますが、首都圏のとある会社の社長です。
彼はちょうど40歳で、明治大学ラグビー部出身。
その場では僕以外の唯一の事業家ということもあり、彼とだけ仲良くなりました。

彼は自分の事業を海外に展開したいと考え、前から好きだったタイを選びました。
選んだ後、彼は大学時代の先輩、後輩連中のなかで、バンコクで事業をやってる、
もしくは仕事をしている人を片っ端から探し、コンタクトを取ってました。

バンコクに来てから日系の会社で自分で起業したんじゃないかと思われるような会社、
自分と同じような業種の会社、関連する会社、今後サービスを受ける必要のある会社、
例えば、ウェブ制作会社や人材エージェント会社、不動産関連等の会社に、
片っ端から電話をかけ、アポイントを取りまくってました。
それと、明治大学の在バンコクの同窓会的な組織などの会合に出席したりも。

そんなこんなで毎日毎日色んな人と会って、タイの経済状況や起業時の注意点などを
聞き続け、飲み続け、毎日英会話スクール行ってる僕とは対照的に忙しそうでした。

「渡邊さん、スゴいですね~。ネットワーキングにスゴい力入れてるじゃないですか」

というと、

「いやー、僕も近衛君くらい若くして海外市場に気付いてたラナー」

と、悔しそうにしてました。
まー、まったりと滅び逝く斜陽国家日本よりも、どれだけ大きな可能性があるかと。
ということで夏にはこの渡邊さんとモスクワ行きましょうかという感じになってて、
これから楽しい展開もありそうです。やっぱりネットワーキング大事。
さて、まとめとして、彼から学んだネットワーキング。


① ジェトロなどのセミナー情報を日本にいるときに調べ、その時期に合わせて行く。
② 大学等、先輩後輩関係、友人知人関係に手当たり次第声をかけ、紹介につなげる。
③ 現地で関連会社当にメールや電話しまくって会ってもらい、更に紹介してもらう。
④ 大学の同窓などあれば積極的に出席し、勇者を探す。
⑤ なんでも、利用できるものは利用すること。
  誰かに紹介してもらった瞬間から、既に他人ではなくなっているようだ(゚∇゚;ノ)



■気になった記事

国民新党が舞台裏で進める「日本郵政の集票マシン化」日本郵政につきつけた「要望書」を入手
この要望書、監査を無くせとか監視カメラ無くせとか、得するのは誰だ?
マジで非正規を正社員にしたら日本航空以上の赤字になるだろう。
さて、誰がそのお金を払うのか?
こんな状態でも郵貯に貯金してる人がいる日本。安全だと信じてる;゚Д゚)


日本にはマスメディアの危機なんてない。あるのは社員の高すぎる給料だけだ。
『みんな目をつぶって胸に手を当ててよく考えてほしい。
日本のマスメディアで働く人たち、そして彼らが我々日本国民に提供するサービス、つまりテレビ番組や新聞のニュース、これらメイド・イン・ジャパンのプロダクトを作り、それを世界に売る日本のメーカーのエンジニアたちの2倍の給料に本当に資するのかどうかを。
日本のマスメディアは、本当に我々の社会を豊かにする報道をしてきのだろうか?
そして、権力を監視するというジャーナリズムの役割を真摯に担ってきたのだろうか?
本当にメーカーの社員の2倍の給料をもらうだけの社会貢献をしてきのだろうか?』

を、考えてみても、実はあまり分からない。そーいえば、
誰が一番バカかを競い合って笑うような番組見て、稚拙だと思ったことがるが。
テレビなんて10年以上前から見ていない。テレビ自体持ってない。
でも、結論は同じ。テレビは人生を構成する「時間」の無駄遣いにしかならない。

バンコクでの求人詳細

2010 - 03/22 [Mon] - 23:32

今日はバンコクの情報誌に掲載されてる求人情報をまとめてアップします。
クリック&拡大で、どんなものがあるか確認してください。
また、リクナビNEXTの海外求人なども参考にして下さい。
※ ネットよりも現地の情報誌の方が、情報量が圧倒的です。
  今後増えることを期待しましょう。

↓クリックで拡大
求人1

↓クリックで拡大
求人2

↓クリックで拡大
求人3

↓クリックで拡大
求人4

↓クリックで拡大
求人5

さて、見ていただいて分かるとおり、大量に求人があります。
もちろん、これらは今週の「バンコク週報」という新聞に掲載されてた情報と、
今週のDACOに掲載されてた情報の一部だけです。
他の雑誌にも載ってますし、人材エージェントなどもありますので、求人は多数です。

見てもらって理解できるのは、タイ語もしくは英語が出来れば強い、ということ。
なので、やはりまずやるべきなのは語学の修得でしょうね。
ここで考えてみてほしいのですが、一つの語学をマスターすると、一目おかれます。
転職の際に非常に優位なポジショニングを得られます。

また、とりわけ英語が出来ると、世界の情報のほとんどが英語で書かれているため、
情報量が圧倒的になり、日本語しか出来ない場合知りえない情報も入ってきます。
英語が出来る人間同士、国を越えて人間関係が築かれ、世界の情報が入ります。
世界で報道されてるのに日本で報道されていないことなども分かってきます。
日本以外の国で暮らすことも容易になります。

日本で英語を勉強してもなかなか話せるようにはなりません。
日本から出ずに流暢に話せるよう、勉強することに成功した人を見たことあります?
僕は今タイで英会話やってますけど、周りはみんなタイ人。
僕がタイ語を理解できないため、彼らと話す際も英語です。
授業終わって一緒にご飯食べる時も英語です。僕がタイ語分からないから。
日本人はこの学校に一人もいませんしね。つまり、非常に効果的なのです。

滅びゆく斜陽国家日本から脱出し、生き延びるためにも、外国で語学を習得し、
仕事をゲットし、新しい自分の未来を創り出しましょう。

ビザについて

2010 - 03/21 [Sun] - 23:52

タイの魅力の一つは、ビザを取得せずに入国できることです。
今現在、ビザなしの滞在で30日間の在留が認められています。約一ヶ月間です。
一ヶ月間が過ぎそうになったら、クアラルンプールやシンガポールに飛び、
またバンコクに戻れば、同様にビザなしで30日間の滞在が可能です。
陸路では15日間であったりするようなので、飛んだ方が良いです。

できれば、30日の間に語学学校への留学を決めたり、就職を決めて、
就学ビザや、就労ビザを取得してしまいましょう。
そうすれば、あまりビザの期間を気にせず滞在することが可能です。

とりわけこれから海外へ脱出、という人は、どこに行くにせよ語学を鍛える必要が。
なので、僕のオススメは、どこの国に行くにしても、まずタイで英語かタイ語を。
安いし、みんな親切だし、毎日暑くて楽しいし、メチャイイと思います。
というわけで、就学ビザをとることを念頭に考えるのが良いかと。

その他、観光ビザなど長期滞在できるビザもありますが、
大使館に行かないととれなかったりして、近くに大使館や領事館がない人は
面倒なので、そーゆー人はノービザで良いと思います。
無理してとるのもストレスになるので。
ビザについて知りたい人は、「タイ ビザ」などのキーワードでググってください。

ここでは、先日行ってきたAUAという語学学校でもらった就学ビザ取得要綱の
写真を掲載しておきますので、以下、ご覧ください。

↓クリックで拡大
ed

st



■気になったニュース

年功賃金・終身雇用崩れる 内閣府グループの実証研究で判明
実質無理だということが判明して良かった。年功序列・終身雇用は無理。
当たり前と言えば当たり前だが。公務員だけ。もちろん、タイタニックだが。
競争のない社会で生きることは若い人には勧めない。


NIKKEI_NET【企業】 パラマウント、タイ参入 高齢者増、需要見込む
タイ参入の日本企業が増えてるみたいだけど、起業家も増えてるみたい。
日本で事業拡大したり起業したりってのは、簡単じゃないもんね。


NIKKEI_NET【政治】 法人税下げ、公約に 大塚副大臣「30%切る水準で」
25%っていうEU水準まで下げてほしいものだ。今の半分。
それが、世界の常識だったりする。シンガや香港はもっと安いけどね。


NIKKEI_NET【政治】 外国人医師の診療容認 仙谷戦略相検討
仙谷さん結構まともなこと言うな。レベルの低い医療業界に風穴を開けてほしい。
医者って技術者みたいなもの。そんな規制で守る必要もなし。

侮れない情報誌

2010 - 03/20 [Sat] - 17:54

フリーペーパーや日本人向け雑誌について昨日書きましたが、実は結構侮れません。
バンコクの地図やレストラン、語学学校、求人など、様々な情報が載ってますが、
時折、事業をするにも有用な情報が掲載されてます。
今回はたまたま日系企業支援のために、ジェトロがセミナーを開催してるという
情報が載ってたので、面白そうなので参加することにしました。

↓クリックで拡大
jetro

タイの物流、金融、会社経営など様々な内容について、ジェトロの人ではなく
各業界ですでに実績のある会社の人が講師になって、レクチャーしてくれます。
会場はジェトロの会議室で、ここは上場企業の会議室のようにデカいテーブルが
あって、その周りを10脚前後のデカい革張りの椅子が囲ってます。
初めは学校の教室みたいな場所をイメージしてたので驚きました。

椅子がその程度しかないため人数制限がタイトで、興味のあったセミナーが
他に2つくらいあったのですが、参加できませんでした。
コレは改善した方がいいでしょうね。出来るだけ多くの人が話を聞けるべきです。

参加者の大半は会社員の方で、僕のような事業家はいませんでした。
初日はなぜか学生の女の子がいましたが、勉強になったことでしょう。
僕はスーツ暑いので半ソデ、半パン、ビーサンで会場入りしたのですが、
みんなまじめな会社員の方だったので、皆さんスーツでした。

セミナーの内容は業界の方を講師にしているので多くの事例を話していただいたり、
少人数ということで質問もしやすく、とても良かったですね。
その他、参加者同士でつながりが出来ることもあるので、その点もメリットです。

というわけで、積極的にフリーペーパー等に目を通して、
事業に役立つ情報などもゲットしましょう。力になってくれるはずです。




■気になった記事

孫正義氏は「電波開国の坂本龍馬」になれるか
電波の問題は本気で日本を生かすか殺すかを決めてしまうだろう。
モノを考えない日本人製造器であるテレビが勝てば日本の衰退は決定。
そこまで来ると日本は世界から取り残されるので、早急に脱出すべき。


Japanese "seclusion(sakoku)" spectrum policy can be a suicide
内容は同じだが、日本の生殺与奪は既得権益者連中を倒せるかどうかで決まる。
本記事は日本の電波鎖国について言及しているわけだが、外国からも心配されてる。
既得権益者が勝利した場合、本当に日本経済及び科学技術は終わるだろう。

« | HOME |  »

プロフィール

JoeKonoe

Author:JoeKonoe
脱出コンサルタント。
Love!IMF!
さあ、日本から飛び立とう!

カテゴリ

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。