ゼロから海外での生活を試してみてます。

    トップページ > 日本を脱出する理由  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱出事例その1

2010 - 03/24 [Wed] - 23:54

今日は脱出事例を紹介しようと思います。僕の大学時代からの親友の事例です。
彼は学生時代、最も一緒に時間を過ごした仲間の一人です。
彼は大学を卒業後、貿易会社に就職しました。が、元々タイに行きたかったらしく、
3~4年その会社でキャリアを積まなければタイに行けないことが発覚し、1年で退職。
その後、着の身着のままでバンコクで暮らし始めました。

タイでは前述したAUAという語学学校に入学し、当時は留学ビザが簡単に取得できた
ため、1年間タイで生活する権利を得ることが出来たようです。
AUAでタイ語を勉強しながら、適当にバイトをして生活してました。
(求人例などこれまで掲載してきましたが、アルバイトももちろん沢山あります)

留学ビザが切れるので就職することにして、就活をはじめ、某アパレル会社に内定。
その後現在に至るまで、数年間そこで働いています。
当初は現地採用ということで給与は年収400万円程度だったようですが、
ただ、住居などは提供してもらえるので(まー、高いわけでもないですが)、
必要な生活費は食費くらいのもの。タイでの食費なんてごっつ安いですから、
おカネが際限なく貯まって行きます。

しばらく後、彼は本採用となり、駐在扱いとされ、年収は1000万円程度に。
そんなおカネあっても、タイでの使い道は投資くらいしかなく、株や不動産を取得。
もちろん、タイは将来有望です。人口は増え、所得は増え、消費は増えます。
人口が増える場所の不動産は基本的に上がりますし、経済が大きくなる市場の株価は
基本的に上がり続けます。日本にいて、短期間でここまで所得を拡大出来ますか?
事業をやってれば可能ですが、会社員では少数でしょう。

「俺洗濯とか掃除とか、学生の時はよくやってたと思うわー」と、彼はよく言います。
タイでは、掃除や洗濯はハウスキーパーがやります。ソレが普通です。
土日ゴルフしたり友達と遊びに行ったりしても、掃除や洗濯は終わってます。
考えてみてください、土日に掃除や洗濯をやってませんか?解放されるのです。
ストレスのない生活、経済的にゆとりのある生活、時間にも余裕のある生活なのです。

のんびり暮らしてるからと言って、将来マズいことになるかというと、そうでもない。
彼は英語とタイ語を巧みに話します。当たり前です。何年も住んでますから。
東南アジア一帯の華僑との付き合いもあります。今の仕事で築いたものです。
伸び続ける株式や不動産もあります。去年自分で事業も始めました。
紹介してもらった彼の友達も、似たような環境です。
ワープアや就職氷河期?フリーター?ニート?そんなものはここにはありません。

郵便局員を何万人も正社員にして、その給料を納税者や預金者に払わせる日本に、
どんな明るい未来があるというのでしょうか?
これからあなたに襲いかかるのは、就職難だけじゃない。
増税、年金と保険負担の増額、公共サービスの質の低下、国際競争による賃金低下、
様々な恐ろしい現実が、これから確実にあなたの目の前に訪れます。

コレは断言します。

今は危機感を持ってなくても、まー大丈夫だろと余裕ぶっこいてても、
必ず日本は惨憺たるカオスに包まれます。
というわけで、一日も早く、脱出しましょう。

スポンサーサイト

起死回生の一撃を喰らわせろ!

2010 - 03/16 [Tue] - 23:03

大学(or高校)卒業後、就職せず(orできずに)アルバイトや派遣を繰り返す。
もしくは、就職したが辞めてしまって再就職しようと思うも景気低迷のため厳しい。
今の日本社会では、そんな若者がもしかするとマジョリティーかもしれません。
日本社会は一度レールから外れると、よっぽどラッキーじゃないと復活出来ません。
そんな仕組みになっているんです。

自分の周りにそんな人は少なくないはずですし、あなた自身がそうかもしれません。
公務員になったり、大きな会社に就職すれば、滅多なことではクビになりません。
超過保護に守られ、ドロップアウトした人間を食い物にしているのが現実です。
派遣社員は正社員と同じ仕事をしても、給料は半額以下だったり、
景気が低迷すると、突然クビを言い渡されたりします。不公平とは思いませんか?
それが、日本という社会なんです。

レールに戻ろうとしても、ほぼ無駄です。また、資格試験に受かっても、
よっぽど難度の高い資格でないと、再就職にはつながらないでしょう。
レールに戻る手段はないのです。それが、日本という社会です。

さて、上記で何度も述べましたが、「日本社会」。
ドロップアウトした時に多くの人はどのように起死回生しているか御存じですか?
実は、僕がこのブログを作ったきっかけは、そんな人を数多く見たからです。
僕が見たその数多くの人は、「日本社会」を捨て、海外に活路を見出した人です。
「日本社会」がダメなら、捨てればいいんです。もちろん決断には勇気が必要。
けど、僕は絶対にオススメします。

今回も多くのドロップアウトした日本人に会いました。
彼らは着の身着のままで日本を脱出し、ここバンコクで有意義に暮らしています。
就職も日本ほど難しくはないと口を揃えて言う理由は、競争があまりないから。
海外で真剣に戦おうと思ってるやる気のある日本人なんて、ほとんどいません。
みんな内向きになって日本から出ようとしないのです。

バンコクで暮らしてる日本人はそれなりの給与をもらい、住居費などを
負担してくれる企業などもある上、生活費が安いため、お金がたまって行きます。
それをタイの株式に投資し、どんどん所得を増やしています。
日本の株は上がりませんが、タイの株はあがるからです。
日本に未来がなく、タイに未来があるからです。

しかも、英語とタイ語が全自動とは言いませんが、話せるようになります。
外国人をマネジメントする力も自ずと付きます。
希少スキルがグングン付いて行くので、もはやドロップアウトしないのです。

ドロップアウトしてしまって、自分にあまり選択肢が残されてないと感じてる人、
今の会社が辛くて鬱になりそうな人、海外への脱出を検討して下さい。
そして、あなたのことをダメなヤツだと思ってる連中や、くだらない日本社会に、
海外で成功することで、起死回生の一撃を喰らわせやって下さい。

なぜタイで暮らしたいのか

2010 - 03/09 [Tue] - 23:40

バンコクに来ると日本人がメチャ多いのに気付く。同様に、日本料理屋もメチャ多い。
モスクワやタシケントでは考えられない多さ。
僕の故郷はスターバックスが一件もないカントリーサイドのちっぽけな町で、
人口はM&Aを繰り返してようやく15万人というところ。
バンコクの日本人人口は、旅行者も含めたら同じ数くらい行くのではとか思います。
この街で暮らしたいと思う人は少なくないはずです。

元UBSの前田さんも言ってましたが、日本では街中を30分歩いたら疲れる、
でもバンコクは物理的に暑いにもかかわらず、全然疲れない。
なぜなら、日本ではみんなギラギラして歩いてるのでぶつからないように気を使い、
タイではみんなニコニコして譲り合って歩いてるので、疲れない。とのこと。

この表現は当時僕の胸には真摯に響いて、あー、まさにその通りだ。と思いました。
タイ人は本当にみんなニコニコしてて、微笑みの国と言われる理由が分かります。
今ビジネス英語やってますが、みんなものすごくフレンドリーで、
すぐに仲良くなって毎日がとても楽しく、メチャクチャ充実します。ストレスゼロ。

僕の友人は大学卒業後すぐにバンコクに引っ越し、何年も暮らしてます。
当時、彼に引っ越した理由を聞くと「日本の冬は寒いじゃん」とだけ言いました。
真剣に、それだけが理由だったようです。
しかし考えてみましょう。なぜ寒さを我慢しないといけないのでしょうか?
寒さが好きな人はいいですが、嫌いであれば避けることが出来るわけです。
バンコクに引っ越せば。そんな発想持ってないでしょ。普通は。

だけどそう考えてバンコクに引っ越す日本人に数多く出合いました。
そして彼らは、沈みゆく日本市場を尻目に、シコタマ稼いでるわけです。
なぜって、東南アジアの市場は高度成長を迎え、日本7個分の市場に変貌してます。
こっちで暮らしていると英語やタイ語などの語学能力は自然に鍛えられ、
さらに日本人が少ないためマネジメント系の仕事が多く、
日本で飼殺しにされて自社内でしか通用しないスキルしかないサラリーマンとは、
比較にならないくらい力をつけています。そして、ストレスもほとんどない。
友達曰く、こっちでやってる人間は治外法権パワーを享受してる、とのことです。

日本の若者にいつも言いたいと思ってたことは、外に出ろということ。
日本で生活をし続けると、ものすごく大きな負担を背負い込まなければならない。
それは若者達本人が作ったものではなく、衆愚政治を行った時の為政者たちです。
そして物言わぬ意見を持たない国民たちです。
自分や自分の家族の生命、自由の維持は、本来自分で守るべきものです。
守るために、日本を出て、海外で自分を鍛えるべきなのです。

今後は国際人になれる人と、ドメスな人で、大きな格差が生まれると思います。
経済的なものだけでなく、価値観も大きく違うものになります。
日本だけで暮らし、日本人とだけ付き合ってると、日本のことしか見えません。
だから、若者は、外に出なさい。どうせ就職先などないんだから。



■気になった記事

今20代前半だったら、絶対大企業に雇ってもらうより起業のがいいって思ってる――就職氷河期 サイコー!/Chikirin
まさに仰る通り。若者よ、早く日本から脱出しなさい。
この国は腐る一方で、あと20年はどーにもなりません。
20年たったら40オーバーでしょ?脱出が賢明。逃げろ!


NIKKEI_NET【政治】 亀井氏「日本人の相当数はいかれてる」 普天間基地移設問題
オマエモナー。でも韓国、中国、北朝鮮、ロシアと、ほぼすべての国と仲悪いわけだし、
これらの国々と国境を近くする場所に分散させた方が良いと思う。とりわけ海兵隊。


NIKKEI_NET【経済】 郵政の正社員化「段階的に」 亀井郵政相
まず年賀状配るアルバイトを数万人正社員にしよう。
どんどん正社員を増やして振り子を振り切ろう。


NIKKEI_NET【国際】 原発輸出、官民一体で促進 松下経産副大臣
アブダビを韓国にとられて焦ってるし(笑)ベトナムも今んとこロシアだし(笑)
ダサい( ´,_ゝ`) プッ でもどーせ何もかもとられるよ。心配することはない。
が、原発は残された砦の一つってジレンマは確かにある。。
サムソンやLGに抜かれたように、再び抜かれることのないよう頑張れ。


NIKKEI_NET【政治】 夕張市再生計画 原口総務相が同意
夕張は、未来の日本。夕張における政府は、日本におけるIMF。
Love!IMF!(゚∇゚;ノ)


Wポスト紙、民主・藤田議員を酷評 同時多発テロ発言で
(゜Д゜)ハァ? コイツマジでアホだ。信じれん。本気でビビッた。
こーゆーバカが国政やっとるわけだからなー。。。
日本の将来は明るいよ。


辺野古を買っていた「政界9人リスト」が問題化
いつから政治家は国家百年の計より自分のカネを優先し始めたんだろorz


債務危機、ギリシャの次は日本か?
そうこうしてるうちに天下のFTが騒ぎ始めた。
Xデーがいつになるかは分からないけど、近いうちにIMFのお世話になるかも。
なんでみんな危機感持ってないんだろ。不思議だな。
この記事は東スポじゃなくて、FTです ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル

国を捨てよ、大陸へ出よう

2010 - 02/26 [Fri] - 21:06

日本で暮らすのはもう疲れました。サスガにウンザリです。
民主党が毎日僕を疲れさせるため、僕は今後拠点を海外に移そうと思います。

内部留保に課税検討 (゜Д゜)ハァ? や、
所得税最高税率引き上げ検討 (゜Д゜)ハァ? など、ワケわかんないですよね。

内部留保って税引後のモンですよ?なんでまたこっから課税?
税率上げたら僕みたいな事業家は逃げちゃうよ?
僕が逃げたところで痛くもかゆくもないでしょうが、同じこと考えてる人多いはず。
言いだしたらきりがないけど、共産化に向かって一直線。ソ連の轍をドンピシャorz

僕は事業家で、サラリーマンではありません。
気合い入れたら海外に拠点置いて、日本でのオペレーションは遠隔で可能。

日本でこのまま生活してると、

消費税やその他諸税の税率がグングン上がり、
もらえない年金や社会保険の負担もグングン上がり、
貧困や犯罪発生率がグングン上がり、
教育、公共サービス、福祉の質はグングン落ち、
人口もGDPもグングン落ち・・・、
我々は諸先輩方が謳歌した豪奢な日々のツケを払う宿命にあります。

ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル

少なくとも僕は諸先輩方が豪遊してきたその費用を払いたくありません。
故に、今後外国での生活を実際に行うべく、最適地を探して旅します。
一人でも多くの人がこのブログ見て、「俺も外国で生活できるかも?」
とか思ってもらえるように、具体的にどうサバイバってるかアップします。
また、事業家というバックグラウンドもあるので、事業ネタもアップします。

なぜそんな下らんことするかというと、多くの若い世代(10代~30代想定)に、
ツケを払わせようとする団塊世代や公務員たちを見捨ててほしいからです。
いくら働いても彼らに搾取される、という日々を捨て、国を捨て、大陸へ出ましょう。
いつの日か国が破綻したら、舞い戻り、愛すべき日本を再建しましょう。

なんて綺麗事は置いときまして、早々に出国します。
行先はタイ、バンコク。とりあえずの1ヶ月間。

 | HOME | 

プロフィール

JoeKonoe

Author:JoeKonoe
脱出コンサルタント。
Love!IMF!
さあ、日本から飛び立とう!

カテゴリ

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。