ゼロから海外での生活を試してみてます。

    トップページ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アク禁がブログ更新を遮る

2010 - 05/02 [Sun] - 19:31

先月はブログを全く更新できませんでした。
なぜなら、僕の行った国が、中国だったからです。
御存じの通り、中国はアク禁の世界。(アクセス禁止サイトが異常に多い)
なので、ツイッターはおろか、このブログにさえもアクセスできませんでしたorz
さて、先日帰国して落ち着いたところで、今回の中国を思い起こしてみます。


ルート:上海~広州~深圳の3都市に、2週間滞在。
目的:各都市の調査と広州交易会出席


という流れで、脱出コンサルタントしての仕事と、貿易商としての仕事をば。
これから中国について脱出コンサルタントの目でブログに書き綴って行きます。
その前に、アク禁について書いておきましょう。


「Twitter、FaceBookなど、主要SMSはアク禁だぞ。アクセスが出来ない」
そう友人知人から聞いており、それはそうなんだろうなーと思ってました。
上海についてネットにつないでみると、やっぱり実際につながらない。
ま、当然ですよね。

それ以外にも、自分のブログも含め、その他ブログ各種、見れないモノは多数。
でも、中国人がTwitterやってたり、FaceBookやってたりしますよね?
おかしいと思いませんか?
蒼井空さんのフォロワーが数万人規模で中国からという記事も読んだし、
僕がフォローしてる宋文洲さんなんて、上海万博会場からツイートしてるし。
というわけで一応、


『どうやって中国からTweetされておられるのでしょうか?
 とりわけ万博会場からのTweetということですと、
 SmartPhoneからかなと推測してしまうのですが・・・」


と宋さんにTweetしてみてます。多分返事ないでしょうけど(笑)

いずれにせよ、僕の方でもブレイクスルーする方法も幾つか聞きました。
ひとつは、コチラ のサイトのサービスを使えば検閲をスルーできるらしいです。

もうひとつは友人が言っていたが、なんかそーゆーUSBを買えばOKらしい。
タイミング合わず買えなかったけども。


というわけで、一応アク禁ブレークスルーする方法はあるようです。
僕は忙しさにかまけて結局そこまでやってません。
次やります。

スポンサーサイト

空港ラウンジの使い方

2010 - 03/28 [Sun] - 23:49

今バンコクの、スワンナプーム国際空港内のラウンジにいます。
ラウンジは基本的にファーストクラスやビジネスクラスの搭乗者、
もしくは航空会社やグループの特典を利用して初めて利用できます。
僕はいつも「プライオリティパス」を使ってラウンジを利用してます。
プライオリティパスをゲットするには年間400ドルくらいかかります。
しかし、100ドル程度で利用できる方法を、
師匠の勇者に教えてもらったので、今回はその方法とラウンジの写真を。

楽天プレミアムカードを作れば、プライオリティパスをゲットできます。

年会費が1万円くらいのカードなので、年会費400ドルの
プライオリティパスがゲットできるというのは心強いことです。
ゴールドカードなので若干ハードルがありますが、
今は取得できないという人も、頑張っていつかゲットして下さい。

ちなみにラウンジのサービスですが、Wi-Fi使い放題、メシ食い放題、
飲み放題、ゆっくりくつろぎ放題、まー、その程度でしょうか。
空港の喧騒から逃れてゆっくり仕事したりネットしたり気分が良いですよ。
ちなみにPPで使えるスワンナプームのラウンジは最低レベルです。

プライオリティパス

ラウンジ3

ラウンジ2

ラウンジ1

と、こんな感じになってます。

これから飛行機に乗って日本に帰りますが、
まだまだ書ききれなかったことがたくさんあります。
寒い日本など帰りたくないですが、仕方がありません。
ちなみに、次回は中国に行きますので、またレポートします。
それまでは書ききれなかったことや思ってることを綴っていきます。




■気になった記事

海外脱出に追い込まれる日本企業
どんどん海外に出て行きましょう。企業だけじゃなく、個人も。
海外で働けないような日本人は、低所得に甘んじることになります。
そんな未来が可視化されてるのが現代です。


3メガバンク、支援機構に日航債権買い取り要請
日航に貸したのオマエらだろ&日航が再建不可能なのも推測出来てただろ。
ちゃんと倒産させて、いったんスクラップするしかないんだよ。
そもそも危なくて乗りたくないと言う人ばっかじゃないか?

アメリカのテレビドラマ

2010 - 03/27 [Sat] - 22:53

英語を勉強するに当たり、海外のドラマを字幕ナシで観てろ、とかありますよね?
でも、日本で海外ドラマレンタルで借りたりすると、すげー高くつきますよね?
なぜなら、1枚のDVDに2話くらいしか入れておらず、商業主義に走ってるから。
そんな業界には鉄槌を下したいものです。

バンコクには、海賊版のドラマなどを売っている場所があると聞いたことがあります。
場所は、マーブンクロンセンターという場所がどうやらそうらしいです。
僕は行ったことがないので全く分かりません。
そこでは1枚200円ちょっとで海外ドラマの海賊版が販売されており、
1枚のDVDに何話もストーリーが入っており、1シーズンを5~6枚でコンプ、
という噂も耳に入ってきます。
字幕は日本語字幕などもちろん無く、英語字幕が基本などとも伺いました。
実はマーブンクロンに行かずとも、路上で売っている海賊版ぽいものがソレかもです。
ただ、マーブンクロンの方が、クオリティが高いとも人づてに耳にしました。

数々のテレビドラマをそのように海賊版で売っているようなので、注意が必要です。
注意して、本物かどうか確認して、必ず本物を買って下さい。
海賊版の購入等は法律で禁止されています。
マーブンクロンセンターを探さず、本物のDVDを売っている場所を探してください。

さて、前置きはこのくらいにして、英語を浴びるように聞くにはドラマは持ってこい。
映画と違って常に誰かが話してるようなシーンばかりです。
日常会話の中での口語表現や独特の言い回しなどを学ぶのにはとても役立ちます。
ですので、是非本物のDVDを買って、勉強の友にして下さい。




■気になった記事

青色LED開発者の中村氏が韓国LEDメーカーの科学顧問に就任
人材をどんどん失う日本企業。優秀な人材は海外に流れる。
高い給料出すしかないんだけどね。出さないんだよね。じゃ逃げるよね。


日本オワタwww
経産省のレポートホントに出回ってしまったな。日本の現状を庶民が知ってしまう。
もう終わってしまってることにも気付き始める「かも」しれない。
が、気付く人間はとっくに気付いてるか。オワタじゃなく、オワッテタ、が正解。

情報収集のためのJETRO

2010 - 03/26 [Fri] - 23:44

JETRO(ジェトロ)という機関をご存知でしょうか?
日本貿易振興機構といって、国の機関です。ウェブサイトはコチラ
ジェトロは世界各国に事務所があって、貿易事業者や現地に進出している企業に、
ビジネスに役立つ情報を提供しています。
僕の会社のような数名しかいないマイクロカンパニーに対しても、一応、
分け隔てなく情報を提供してくれます。

実は本日もこのジェトロでセミナーがあり、聴講してきました。
内容は、「タイの企業経営」という表題で、日本の会計士でかつ世界的に活躍し、
タイで事業をやっている方を講師として招いて語ってもらうという流れ。
実際にタイで長期間税務会計に関するコンサルティングをやってる方なので、
多くの事例や、注意点、落とし穴、知っておくべきこと、やっておくべきことなど、
事業をするにあたって重宝する内容盛り沢山の2時間でした。

今回は、「タイへの事業進出」「タイの会社設立」に続く3回シリーズの3回目。
来月はその他の講師が、タイの環境問題、物流・通関事情、金融サービス事情、
電気通信事情、損害保険事情などを、日を分けて講義します。
すべて業界のプロ、しかもタイでの実績十分な日本人講師によるものです。
聞く価値が非常に高いセミナーと言えるでしょう。

さて、これらのプロフェッショナルの各1~2時間の講義、
しかも最新情報や多くの事例等まとめたレジュメをもらえるハイクオリティ、
これ、どのくらいの金額で出席できると思いますか???

なんと、無料。

もう一度言います。無料です。日本政府の大盤振る舞いです。この辺は嬉しい。
普通に考えてみてください。こんなプロの話を2時間聞いたら、
どのくらいの金額を払わないといけないと思いますか?レジュメ付きで?
さらに質問も逐一できるので、軽くコンサルしてもらえます。
僕的には、内容を鑑みて、5~10万円は支払ってもよいような内容ですよ。
たまに1~2万円程度のセミナーに日本で出席してたんでソレ基準ですけど。

さらに、ジェトロに行けば、色んな資料が置いてあります。すべて無料。
時事通信の毎月のタイ経済概況レポートから、不動産情報まで、
様々な資料が置いてあります。情報って、今やお金ですよ。ソレが無料ですよ。
というわけで、遠慮してる場合ではなく、活用すべきです。
あなたが学生でもなんも遠慮することないです。学生もセミナー来てましたし。
遠慮なくジェトロに行って、セミナーに行って、資料貰って、活用するんです。

ジェトロ

なお、ジェトロのセミナーはバンコクオフィスにメール等で問い合わせましょう。
スタッフもいい感じの人で、タイナイズされてる感じです。ご安心を。
有益な情報を得て、事業に役立てて下さい。




■気になった記事

週刊ダイヤモンドの消えた特集
コレが日本のエスタブリッシュメントの典型。寡占。談合。保守。
こーゆー業界を一掃してしまわない限り、この国に未来はないorz

バンコクの携帯電話

2010 - 03/25 [Thu] - 23:53

日本の携帯電話と世界の携帯電話は違います。
どちらのの携帯電話も、電話機本体にSIMカードを入れて使用が可能になります。
しかし、日本の携帯電話は、電話機と通信会社が一体ですよね。
例えば、iPhoneだとソフトバンクのSIMカードが入っており、
ドコモやAUのSIMを入れても動きません。コレを、SIMロックと言います。
こんなバカなことをしてる国は世界広しと言えども日本くらいのものです。
世界の携帯電話は、共通の仕様で、通信会社を選べるのです。


例えばiPhoneを買って、ドコモのSIMを入れて使えば、ドコモの料金体系に。
支払いももちろんドコモ。端末メーカーと通信キャリアとは全く別物です。
端末メーカー、例えばソニエリは、AU用、ドコモ用などと、
各通信会社ように仕様の異なる端末を生産しなければならず、大変コスト高に。
ノキアやサムソン、LG、HTCなど、世界で強い端末メーカーは、一つだけ生産。
どこの通信会社のSIMカードを入れても使えるのです。
だから日本の端末メーカーは技術を持ちながら全滅してしまったわけです。
今ではサムソンやLGに勝てる日本の携帯電話メーカーは一社もありません。


さて、そんなわけでバンコクで携帯を買えば、SIMを入れ替えることで、
基本的にどこの国でも使用可能です。(使えない国もあります。日本とか)
ですので、海外用の携帯をひとつ買っておけば、現地で重宝します。
日本の携帯をそのまま海外で使っているとものすごく高いローミング料とられます。
しかし、現地の通信会社の通話料は、ビクーリするくらい安いです。
現地の人間と友達になるにも、現地の携帯を持っていた方が有利です。
もちろんソレは、海外専用携帯という意味です。
SIMカードを入れ替えれば、現地の携帯という定義です。
ただ、日本と違って端末が高いので注意して下さい。


例えばiPhoneがタイでどのくらいの金額かというと、

iPhone 3GS 16GB = 75,000 円
iPhone 3GS 32GB = 87,200 円

iphone

ご覧のとおりです。が、通話料は安いので、騙されないように。
タイでは1分10円しないです。

携帯やPCについて、僕は大好きでマニアックなので、結構使い込んでます。
日本では当然iPhoneを使っています。
そこで、バンコクでもiPhoneを買うべきか、Xperia x10を買うべきか迷ってました。
結論から言うとどちらも買わず、今回は見合わせる形となりました。

ソニエリ

いずれにせよスマートフォンが必要。
今スマートフォンを使っていないとすれば「あー、こいつ仕事出来ないんだろーな」
的な目で見られることが多いのが実情です。もちろんそれは日本だけではありません。
なので、iPhoneを買おうと思ったんですが、もうすぐ新しいモノが出るなー、とか。
Xperia x10買おうかと思ったんですが、まだ発売されてなかったり、とか。

アンドロイドはまだ黎明期なので、新しいiPhoneが出たら買おうと思ってます。
滞在先でiPhoneがあると最高に便利ですし。




■気になった記事

「郵政国有化」で空中分解する鳩山政権
仰る通り、亀井のオッサンムチャクチャだ。なぜこんなバカをクビにしない?
まー、亀井のオッサンが改革してくれたら日本が沈む速度が速くなって良いが。


鳩山首相、郵政改革案「了解してない」=亀井氏は真っ向反論
参院選も正直どうでもよい。早めに破綻してほしい。
ハイパーインフレ、預金封鎖、デノミ、そしてIMFという順序か?
年内にそこまで行けばようやく昭和の価値観が崩壊し、カオスが生まれる。
事業家が富を得るチャンスは無限だ。なにしろ国民に考える力がない。

 | HOME |  »

プロフィール

JoeKonoe

Author:JoeKonoe
脱出コンサルタント。
Love!IMF!
さあ、日本から飛び立とう!

カテゴリ

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。